郷土の人物
郷土の人物 : 細見綾子
投稿者 : 道の駅あおがき 投稿日時: 2009-07-10 (3164 ヒット)



 俳人細見綾子は、明治40年3月、青垣町東芦田に生まれました。柏原高等女学校、日本女子大を卒業した綾子は20歳の時結婚します。が、昭和4年夫が急逝し郷里の丹波に引き揚げました。同じ年には母親も亡くなり心労から肋膜を患い、その養生をしていた時医師で俳人だった田村菁斎の勧めで俳句を志し、松瀬青々門下となります。
綾子は既成概念にとらわれない独特の俳句世界を開き、昭和40年には母校芦田小学校の校歌を手がけ、昭和56年に勳四等瑞宝章、NHK教育テレビで講師を務めるなど活躍しました。



おいでなはれ
今日 90
昨日 75
総数 245224